変化と不安

ここ数年、今まであまり耳にしなかった言葉を聞いたり見たりすることが多くなりました。

AI IoT ビッグデータ 自動運転 ドローン フィンテック 仮想通貨 ロボティクス ディープラーニング等々

最近は特に新聞紙上やメディアで目にすることが増えました。

第4次産業革命!と位置付ける人たちも多いようです。

これからの社会はどう変わっていくのでしょう?

私自身も何となく大きく変化していく予感がします。

目聡い人は新しいビジネスチャンスと捉えてすでに色々な試みをしていることでしょう。

それだけに『今のままで良いのかなぁ?』という漠然とした不安感がよぎります。

過去からの延長では通用しないような新しい取り組みが必要になってくるのでは…

共感される方も多いのではないでしょうか。

反面、アメリカの大統領選挙、反グローバリゼーション、大衆迎合、保護主義・・・

政治経済も変化の兆しが見え隠れしています。

前期高齢者?の部類に入りそうな私としては過去の過ち=戦争だけは起こして欲しくないと祈るばかりです。

新しい技術革新は大歓迎ですが、そのために起こる社会構造の変化にも慎重に対処していかないといけませんね。

政治家と言われるリーダーたちの良識に期待したいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です